個人賠償責任保険

個人賠償責任保険とは、個人またはそのご家族が、日常生活で誤って他人にケガをさせてしまったり、あるいは他人の物を壊してしまったりして、損害賠償金や弁護士費用などを負担した場合の損害を補償するための保険です。

こんな場合に補償の対象となります

1. 子どもが駐車場に停車していた他人の自動車のボンネットに傷をつけてしまった

2. 飼い犬が他人に噛みついてしまい、ケガを負わせてしまった

3. 駅でキャリーバッグを転がしながら歩いていたところ、キャリーバッグがお年寄りにぶつかり、転ばせてケガを負わせてしまった

4. 自転車で全速力で走行していたところ、歩行者を避け切れず、ぶつかってしまい、後遺障害を負わせてしまった

5. マンションのベランダで植木鉢に水やりをしていたところ、誤って植木鉢を落下させてしまい、道路を歩いていた歩行者にぶつけてしまった

6. 自宅マンションの風呂場からの水漏れにより、下の階の居住者の家財・衣装を使えなくしてしまった 

保険加入のパターン

1. クレジットカードに付帯されている場合

みなさまがお持ちのクレジットカードに自動的に付帯されている場合があります。ご自分のクレジットカードに個人賠償責任が自動的に付帯されていないか確認してみてください。但し、最近は、残念ながら、クレジットカードに自動的に付帯されているケースは少なくなってきており、別途、個人賠償責任保険に加入できるサービスが用意されています。

2. 他の損保や生保などの契約に特約として付帯している場合

みなさまが自動車保険、火災(住宅総合)保険、生命保険などの契約をした際、あるいは途中から、特約として個人賠償責任保険を付帯している場合があります。例えば、保険金額(補償額)を1億円付けたとしても、月々の保険料は100円程度で、その程度の負担で弁護士費用等も含めて、万が一の場合に備えられるのですから、非常にコスパの良い保険と言えます。もし、個人賠償責任保険を付帯していなかった場合には、加入を検討されることをおすすめ致します。

保険加入をする際の注意点は?

みなさまやご家族が保険の対象となる事故を心ならずも発生させてしまった場合、被害者に対する損害賠償について示談交渉などを行わなければなりません。しかし、事故発生直後には気が動転していて、被害者の方と冷静にお話しすることはなかなかできません。また、一般的に、事故の当事者どうしで解決することは非常に困難であるのが現実です。

個人賠償責任保険に加入する場合に、示談代行サービスも付けておけば、示談交渉をするにあたり、保険会社が自分に代わって交渉してくれます。また、事案の内容によっては、弁護士が最初から交渉などをした方がよりスムーズに解決できる場合が大半です。弁護士費用等補償特約も予め付帯しておけば、弁護士費用についても保険で支払われ、安心ですます。個人賠償責任保険に加入される場合には、示談代行サービス

事故の加害者の方へ

まずは、保険に詳しい弁護士にすぐに相談なってください。

あなたの契約している保険の内容によっては、法律相談費用や弁護士費用が支払われるケースもあります。

事故の被害者の方へ

あなたが負った傷害などについて、まずは、保険に詳しい弁護士にご相談ください。相談の結果、事案の内容によっては、最初から弁護士に示談交渉を依頼する方がご自分にとって物心両面においてより良い解決ができる場合があります。

また、ご自分で最初は交渉をしていたとしても、保険会社から提示された賠償金額の金額にご不満がある場合にも、ぜひご相談ください。弁護士が示談交渉を担当することによって、金額が増えることがままあります。